交通事故治療

まずは保険会社への連絡をお願いいたします

交通事故治療の流れ

交通事故で受信される方へ

 交通事故で受診される場合、本来は自費での診療が原則ですが当院ではできる限り、患者さんのご希望に添えたいと考えております。

初診の受診料に関して

 自損事故で患者さんご自身の健康保険を使って受診される方を除き、初診の場合は預かり金(5千円)をいただきます。保険会社から支払い方法について連絡があり次第お返しさせて頂きますが、連絡が無く請求先が不明の場合患者さんに実費で請求させて頂きます。
自動車の保険を使用される場合

 交通事故で受信される場合は、事故の相手方の保険会社にまず連絡をお願いします。そこで、当院にかかりたい旨を申し伝えてください。保険会社から支払い方法について当院に連絡があり次第、患者さんへの負担金なく治療をうけていただきます。
※ 土日、夜間等保険会社との連絡のつかない時間は預かり金(五千円)をいただきます。保険会社と連絡が取れ次第、預かり金は返金いたします。

ご自身の健康保険を使われる場合

 交通事故の場合は自動車保険を使っての治療が患者さんにとっての最善ではありますが、 何らかの理由により健康保険での治療を希望される場合の注意点をお伝えいたします。

@ ご自身の健康保険の保険者に患者さんご自身が速やかに「第三者行為」の届け出をしていただきます。

A 健康保険の使用で治療内容・使用できる薬剤・リハビリ回数・MRI検査などの制限を受ける可能性があることをご了承下さい。

 交通事故外傷は緊急性が高く、また後遺症を極力残さないためにも、制約のある健康保険 での治療は適さないとされています。

治療終了時の注意

 治療終了時には必ず診察を受けてから、治療終了するようにしてください。
※ 後遺症診断などのトラブルを防ぐため。

接骨院との併用について

 当院では接骨院との併用は原則としてお断りしております。
※ 接骨院でのリハビリをされた方で、後遺症診断のみご希望の患者さんには、 通院経過を診させていただいてないため、お断りしております。

保険会社から自分の健康保険を使って治療するように言われたが?

 当院では交通事故の怪我は交通事故の保険(相手方の加入している任意保険や自賠責保険)で治療をするのが最善である、と考えております。 なぜなら患者さんご自身の健康保険での治療となるとMRI検査等の回数制限、リハビリの日数制限などの治療上の制約をうけることになるからです。
 健康保険を使っての交通事故の治療は患者さんご自身の不利益になる場合がありますので、その旨をしっかり保険会社にお伝えください。

保険会社から「治療は今月で終了となります」という連絡がありましたが?

 そもそも治療終了の時期は、保険会社が決めるものではありません。医師の診断と患者さんの同意によって決定されるものです。 一般的には重傷でない限り三ヶ月から六ヶ月の治療経過をふまえて、今後の治療をどうするのか医師と患者さんがしっかり話し合います。 治療終了時にしっかりした話し合いがなされ、患者さん自身が十分納得された上で治療終了となるのです。